代理店型自動車保険とは?

自動車保険をご検討されるのでしたら、通販型と代理店型の違いについて整理されておいた方がいいでしょう。

 

保険という商品は一度購入すると、ある程度の期間は継続していくものなので、おおまかにでも事前に通販型と代理店型のスタイルの相違点を理解しておくべきです。

 

まずは代理店型の自動車保険ですが、こちらの対応窓口は保険会社ではありません。
もちろん、購入した商品はその保険会社の自動車保険になるのですが、実際に事故等のトラブルが発生したときあなたの味方になってくれるのは、代理店の人間になります。

 

保険の代理店とは保険会社の商品の“橋渡し役”としてあなたのお世話をする会社のことです。

 

たとえば、現在Aという保険会社の代理店をしていてたとしても、その保険商品の内容如何によれば、代理店契約を解除することもあり得ます。

 

その場合は、他のB(ライバル)という保険会社の代理店に看板をかけ換えることになります。
これは保険会社としては損失になりますので、常日頃代理店に対しては良好な関係を持とうと努力しているようです。

 

やはり代理店は詳細な保険知識が売りになっていますので、保険知識がない契約者に対しても、その保険の適応外なことに対しても意外と対応してくれるようです。

 

ただし現状としては、専門知識を活かしきれる代理店業者を探し出すことがかなり困難であるようです。

代理店型自動車保険とは?|通販型自動車保険を安くするたった1つの方法関連ページ

通販型自動車保険の特徴
通販型自動車保険のメリット
自動車保険料が安い理由
事故対応やロードサービス