通販型自動車保険の特徴

代理店型に対して通販型の自動車保険ですが、これはあなたが保険会社へ直接商品の購入(契約)をするということになります。
つまり代理店を通さず、ご自身でその保険を取り扱う保険会社と契約することからダイレクト損保(ダイレクト自動車保険)とも呼ばれています。

 

もし契約者であるあなたに、多少なりとも保険の知識がおありでしたら通販型自動車保険をおすすめします。

 

これは自動車にかかわらず保険全般に言えることでしょうが、補償内容はある意味“折衝次第”で変動してくるものです。
ですから、あなたが保険会社と直接折衝できる力量があればそれなりのコストパフォーマンスを上げることも可能になってきます。

 

 

基本的に通販型自動車保険は、テレビCMでもご覧になったことがあると思いますが、事故等のトラブル時にも電話での対応になります。
保険会社のオペレーターとのやりとりになりますので、電話対応も紋切り型のマニュアル式応対になりがちです。

 

それと費用に関してですが、これは通販型自動車保険の方が代理店型よりも安い傾向にあります。

 

実は代理店経由での保険に関しては、手数料が2割ほど商品の代金に加味されているのが現状です。

 

さらに保険会社の支店経費などのコストをカットすることが可能ですから、通販型自動車保険の料金は代理店型より安くなっているのです。

通販型自動車保険の特徴|通販型自動車保険を安くするたった1つの方法関連ページ

代理店型自動車保険とは?
通販型自動車保険のメリット
自動車保険料が安い理由
事故対応やロードサービス