ダイレクト自動車保険の保険料が安い理由

通販型自動車保険(ダイレクト自動車保険)が代理店型と比較して保険料が安いことはご存じでしょうか?

 

“安い保険”と聞いて安かろう悪かろうと思われるのならそれは早計というものですよ。

 

一般的に自動車の保険料というものはおおまかにいって、2つの要素から構成されています。

 

1つは実際にトラブルが起きたときに保険金として支払いにあてる予定の部分で、純保険料といいます。

 

これ以外に自動車保険の新契約費、保険料徴収費、維持管理費など営業活動を行うための付加保険料があります。
通販型の保険料の安さのヒミツは、この付加保険料にかかるコストを大幅にカットしているところです。

 

これが代理店型の保険の場合、料金に20%の手数料が基本加味されているのです。
さらに保険契約をする営業マン自身の人件費や、稼働するための交通費などがかかってきます。

 

そしてお客様にプレゼンテーションをするためには、パンフレットなどの作成費用や印刷コストもかかってしまうのです。
これが通販型ならインターネットで基本的な保険契約取引ができてしまうので、コストは大幅にカットできるのです。

 

つまりこのようにして付加保険料だけを抑えることで、商品の価格を下げることに成功しているわけです。

 

ですから、必要最低限の純保険料は一切圧迫をかけていませんので、支払い補償にあてる金額に関してはご安心ください。

自動車保険料が安い理由|通販型自動車保険を安くするたった1つの方法関連ページ

代理店型自動車保険とは?
通販型自動車保険の特徴
通販型自動車保険のメリット
事故対応やロードサービス